天涯ニ舞ウ、粋ナ花 感想 その3

戯れ言を少々。

主にゲームの感想などを含めつつ、日常などを少々。

Entries

Top Page > ゲームの備忘録。 > 天涯ニ舞ウ、粋ナ花 > 天涯ニ舞ウ、粋ナ花 感想 その3

天涯ニ舞ウ、粋ナ花 感想 その3

はい。

とてもとてもびっくりしたんですけども、金色のコルダ オクターヴがゲーム機でリリースされるんですって?
最近、とあるニコ生を見てた際に、オクターヴなんか近日情報出るらしいよ、的なコメントが流れてて、なんだろー!!って思ってましたら。
コレですね!?
うーれーしーーーーー!!!

ホントアプリ…とゆうものにとことん向いてない…、と思い知ったばっかりなんです。私…。
先月、androidのタブレットを買いまして。
なんかイケメン戦国のVita版の感想以前書きましたけれど、アプリ版では幸村攻略できるらしいし…やってみるかー!とDLしてみまして。
したら、なんかこちらもオススメみたいな感じでありとあらゆるイケメンシリーズがずらりと並んでまして…。
なんかこの絵好みかも…。と思ったとあるイケメン作品をDLしたんですね…。
結果イケメン戦国よりこっちにドハマリしまして…w(結局戦国は2日程ログインした程度…w)

確か金曜日にDLしたんですけど、なんか話の続きが気になって気になって…。日曜の夜までに気付いたら12,000円~15,000円?程…課金して…まして…。
毎日1話分のチケット5枚が貰える!って思っても、その1話がま~短い…w
毎日1話読んでくにしても、単純に考えて読了までに25日かかる、と…。

………向いてない!w
私ほんと向いてない!w
一気に読みたい…。しかも1人にどうやら2エンドあって…(課金してそこにたどり着いて初めて知った…w)
1つのエンド見たら、また1話目から見ないともう1エンド見れない…のか…。てことは…、単純に1人に2ヶ月かかる…と。
………向いてない!!ww
ストーリー系のアプリゲームって初めて?だったんで、マジでびっくりしました。
しかも…ストーリーって後で見直せない…のか…。気づいた時の衝撃は凄まじかった…。読み返したい読み返したい…。うぅううう。


そんなんで、一気に読みたい…、と課金を決意しストチケ購入するも、そー甘くないんですねw
別に時間で回復する体力みたいな物があって、それでなんか作業して…親密度?を上げてないと続きが読めないんですね…w
毎日無料で読める1日1話…ってやってる場合はコツコツそっちの親密度上げてるから、なんて事無いんでしょうが…w
その事実を全く知らなかった私は…。もうヤケになり…w追加課金…追加課金……課金…課金……と気付いたら1万オーバーでした…。
しかもそれだけかけて、1人の1エンドを見ただけとゆう…。
待ってくれ待ってくれ…。

(その時ちょうどイベントが開催されてて、1話読むごとに「イベント開催中!ストチケ無しで読める!」と宣伝がはさまれ。
おー!ストチケ無くなったしそっち読もう!って読んでみたら…確かにストチケいらなかったけれど、親密度がめっちゃ必要…って事で、はじめの方体力をイベントの方に全部使ってしまってた…とゆうのが課金嵐につながってしまった原因…。)




戦国に続き…コレのVita化…ないのかな…w
面白かったんだよ…。めちゃめちゃ萌え転がったんだよ…。
でも…2016年?に始まったらしいんだけども、まだ配信されてないキャラとか居るみたいだから…無いのかな…。
むぅ……。


てなことで、オクターヴ、めっちゃ喜んでますw
15周年!ありがとう!
買うよ!!待ってます!!




さてさて。
連日書いております、天涯の感想をまたちょこちょこと。
ネタバレや辛口等々あると思いますので、ご注意くださいませませ!






弥島家四男

tengai_03_icon.jpg

弥島恭介:CV櫻井トオルさん


当初の予定では、1番目に攻略しようとしていた恭介。
えぇ…。
まぁ単純にそこまで好みじゃないんだろうなー…(失礼)と思っていたからです。
や…、他のがより好きそうだろうなーと思っていた、が正解かな?(結局失礼)

なので、ゲームを始めた時はごめんなさい!と恭介に謝りました……。
弥島家に来て…周りからのあまりの扱い酷さのお祭りだったので、恭介の存在はホントに神様そのもので、心のオアシスってなもんです。
そんな部分もあり…、1番目を恭介にするか…なんかめっちゃツボってる惣介にしてみちゃうか…悩む、とゆう事になりました。
(悩まずにそのまま1番目に行っておけば良かった…と今では思っております…wそうしたら惣介の√で…以下略)


なんてゆうんでしょうか…。
気付いたら終わっていたんですよ…ね。(更に失礼)


色々この√、訳が分からない…といいますか…。
イベントとしては突然、ホント突然嵐のごとくいくつか起こるんですが、ホント突発的で、「え?え?」って思ってる間にまた嵐が…。
そこになにか心を躍らせてくれるなにか…があれば…!(前回書いた幸介√の裕介の計略みたいなものとか)
また違った印象を持てるんでしょうが…w
なので嵐と書いておりますが、気付いたら終わっていた…とw

個人的にめちゃめちゃ気になったのは、恭介は突然キレる…とw
え?wまた…?w
とか
え?wそんなキレることか…?w
とか…、そんな感じ。

ゲリラ豪雨のように急にキレだし、なんか険悪になり……。で仲直り…。
コレを√中、ずーっと繰り返す…みたいなw

ケンカップルとかゆうじゃないですか。
違うんですよ…、そんな可愛い?微笑ましいものじゃない…w


個人的に、え?って思ったのは、職場をクビになってからのこと。
(発売前まで勝手にこの恭介は弥島で料理人をしてると思ってたので、弥島じゃないんだ!とびっくりしました。)
なんでおりっちゃんの実家に行きたがる…のだ?w
この行きたがる行為が私は訳がわからなかったので、「行きたいなら1人で行ってきなさいよ…」とぼそっと言ったほど…w
おりっちゃんは賭けの為に店主としてやってる最中…ですよ。
何を見るとゆうのだろう。しかも1日でって…。
他の料理屋を見たいなら、弥島見れば…?w番付で上位だった近所のお店に行けば…?
と思ってました…。

そして、弥島の料理長となり、板長ともめたり…、料理長やめたり、丹道斎が現れたり…と色々起こるんですけども…。
私が彼のこの√に萌えれておらんものですから…wまーーーーーー淡々と過ぎていきました。

二・二六は恭介が弥島におるとゆうこともあり、他の√より人がいっぱいで心強いです。


そして、最大の謎?w到来。
恭介、フランスへ行く。

何故…!w
エンディングでいきなり…。
遠くへ行くって情報をそんなまたゲリラ豪雨みたく投下されても…!ぽかんとするだけですって!w
切ない…とか思う前に、「は…?」ですって!w

とまぁ、色々起こるんですけども、気付いたらあっとゆーまに終わっていた…√にてございました…w




弥島家五男

tengai_04_icon.jpg

弥島俊介:CV河西健吾さん

はい。
河西さんだー!!!と心が踊って踊って。
そこまで乙女ゲームに出演されておるお方じゃないじゃないですか。
…とゆうことで、アニメイトさんで予約した感じです。
更にはソフマップさんも最後まで予約したい…と思っておりました…。

まぁ…、河西さんは楽しみであったんですが、俊介は個人的に… 好みって言われると…違うし…w
所謂年少組…個人的に年下は得意じゃないことが多々だよ!って思ってたらタメでしたね。
あと外見で…。
この髪の毛のもりもりっ!と2段階でもりっ!っとする所がまー気になって気になって…w

あと私、俊介と誕生日が同じで、はじめデフォルトの誕生日がある?って気付いてなくて誕生日どうしようか…と悩んだりもしました。
結局私の誕生日でプレイした所…、当日「あ、今日は俊介さんの誕生日だわ」みたいな感じにおりっちゃんが思うんですけども、画面のこっち側から「お前もだぞー!」となっておりました。


さてさて。そんな俊介。
ちゃらそーな感じで取り巻き連中がおります。
その名も俊様倶楽部。
うんうん。なんか定番?なこの感じw
因みに私は、俊様倶楽部はごめんですが、りん子様倶楽部には入りたいです。
話を進めれば進めるほど好きになるりん子様…。
もうすっかりりん子"様"とつけちゃう。

話がそれましたが…。
この取り巻き連中は…まぁお約束通りに主人公の存在にきぃー!っとなり、色々やってくれます。
まず怪我させられて…。
この際俊介がちゃんと取り巻き連中に怒って突き放してくれて、謝ってくれるのがいいですね。
取り巻き連中にもちゃんとしっかり謝っていただきたいものですよ…!


まぁ…でも突き放した取り巻き連中もいつの間にか普通に取り巻きが復活していて…。
え??なんて思ってたら…、また問題を起こしてくれます…。
主人公が大事にしてる櫻貝は、昔俊介と結婚の約束をした時の想い出の品な訳ですが、そいつを捨てる…と。
ほんとこの小娘たち、どーしてくれようか…。


そして、ダンスパーティーのイベント。
この一連のイベント…マジできつかったです。惣介の√を思い出して、ダンスって楽しいものだった…よね!?と思っていました。
もう…おりっちゃんの態度が…w
ここまでさせる必要があるのか…?wとちょっと思ったほどおりっちゃんの態度は酷いものだったなぁ…と。
この頑固者め…!w
指摘した秋一くんにキレるおりっちゃんにも、ちょっと…。

年相応に見せたかったのかなぁ…。


てか、このゲーム、自√では恋愛方面だめだめになるなwみんな他の√ではアドバイスしたりからかったりしてるのにw
まさかこの俊介までわたわたしてる姿を見てると、微笑ましくなりましたw

そうそう。
二・二六のあとの…、俊介が帰ってきた所好きです。
そしてちゃっかりりん子様に見られているとゆうのもまたいいですねw
りん子様はいつも見てますねw

そして、俊介は学生ですので、進路の問題が出てきまして。
海軍の兵学校へと進学するんですね。

てか…!てか……!!!



エンディングの俊介なにこれーーーーーーーーーー!!!!
超好き…!!!!!!!
このビジュアル…ぶっちぎって1番好きだわ…。
ごめん…もりっ!が気になるとかゆってて…。超好き…。かっこいい…。好き…。
結婚式も…はぁ…カコイイ…。カコイイ……。

やー、それにしても、拡大を続けていたりん子様倶楽部に万歳!盛大に笑いましたww
りん子様ホント好き…。


そうそう。フォロワーさんがこの世界線では第二次世界大戦起こってない?とおっしゃられてて、確かに!!と思いました。
二・二六が1936年ですし、大戦が1939年ですものね。




弥島家次男

tengai_01_icon.jpg

弥島裕介:CV間島淳司


きました。
発売前から、恐らく裕介が一番好きであろう…とは思っておりました。メガネも掛けてるし!←
幸介とどっちが好きになるんだろうなぁ~?なんて考えていたりもしました。
そして実際にプレイし出して、彼のお仕事的な問題もあって…、絶対最後にしよう!と決めました。

そう。
内調所属なお方。
そして出会い頭に尻餅つかせて、足で…一目惚れな人。
更に結婚までとっておいた人。(モテるのに)
それがどら焼きの味な人。


…なんでしょうか。
恭介の所に心躍らせてくれる何かがあれば…と書きましたが、コチラの√は…、心躍らせてくれるモノで溢れておりましたので、もう…!もうッ!!め……っちゃくちゃ楽しかったんですよ。
宝庫でした。


おりっちゃんに一目惚れ…なんですが、なにせ惚れているとゆう自覚がないため、次郎さんや惣介等々…色々な人がアシストをしてくれます。それがもう楽しい…w

メガネが壊れ、全く見えない裕介の付き添いでメガネを買いに行って…からの接吻w
本気で好きになった人との為にとっておいた裕介ww
モテるのに…なにこれw
かわいいかよw
どら焼きの味ってwてか、その言い方よw
このとっといたのに、とゆう裕介、ホント少女かよw
てか、目は見えなくても声は聞こえるでしょうよwりん子様に気づきましょうよwww結構な声のボリュームでりん子様しゃべってますけども…!w裕介よwww「誰かいたような気がしたが……」じゃないよwwww


そして次郎さん。
彼…ホントに素晴らしい…w
裕介の為って事で、おりっちゃんをデートに誘ってホテルに泊まって結婚の申込みをする、と裕介に宣言を。
裕介は止めに行かないとゆうものの…、中々に気にして…w
翌日の惣介とのやり取りがたまりませんw
天体以外の知識は持ち合わせていないぞ、としながらも惣介…最高である…!w
たかが接吻だろう?接吻したら死ぬのか?とか、食事をするのも接吻も同じ様なものだろうが!とも。
惣介はまぁ独特な人ですから(最高の褒め言葉)そのホテルに移動する所からの2人やり取りがまぁ楽しい(*´∀`*)

そして次郎さんや惣介たちのおかげで、ようやく気持ちを気付くことになる、と。

惣介のファインプレー?wにより、お風呂場でのラッキーハプニングを経験した後の、電車の中でニヤニヤする裕介のお顔がマジで見たかった…w
子供に気持ち悪いと言われるお顔…wwwwww

そんな裕介、呉服屋帰りに(ここの呉服屋に行くきっかけとなったふくびきからの自転車のイベもよかった…。なんかホント裕介の√は盛りだくさんに楽しかった…んです。)幸介と仲良さそうに歩くおりっちゃんを見かけるんですね。
この時の2人は、お店に起きた事や、裕介の事を話すためにカフェーに行ってたのですが。
うん。幸介は怒ってない…とゆうか怒鳴ってないと、まぁ雰囲気はよく見えるよねw

てことで嫉妬ーーーーーーー!
裕介さん嫉妬入りましたーーーーーーーーー!
そして天文学で色恋を学んでいる惣介先生への恋愛相談が始まりましたーーーーーーーーーー!
あぁもう…好きw
基本攻略キャラ同士のやり取りってのは大好物なんですけども、この作品はなんだろう。自√になると色恋方面ポンコツ度合いが増すので?w周りの輝きが増すってのがま~面白いw

そんな惣介先生…
「さっさと愛の告白をして ふられて身投げでもしたらすっきりするぞ?」
「死にたくなければ成功させればよい。
だいたい何故また告白していないんだ?男が女に惚れた後は告白するものなんだろう?」
「もちろん俺にそんな経験はないから天文学で得た知識内でしか助言できないがな」
「俺のことはどうでもいいからさっさと告白してこい!
接吻を済ませて裸体を見たなら あとはやることは一つだろうが!」

「次男よ、お前のその気持ちは嫉妬ではないのか?もう少し自分を見つめ直せ」

惣介…最高だ…!wwwww
盛大に笑わせてもらいました。

そしてこの嫉妬については、この惣介だけに終わらず、きくちゃんが一肌脱いだりもします。
裕介と恭介にお店の座敷で話をさせると。
このシーン、おウメさんの「今のは本当にきく子なのですか?」って反応に笑ったりもしました。
父が危篤って呼び出された恭介はお気の毒でしたがw
てかきくちゃんの強引さが可愛いからなんでもいいやw
そしてここに兄弟全員が集まってやり取りするもんだから、たまらんですw
そして皆様どれだけ呑んだのw
そして、裕介はおりっちゃんの部屋で寝てしまったのですが、その事で翌日きくちゃんに不潔といわれるとかw



とまぁ、ここまで起こるイベント起こるイベントが楽しくてw
なんか盛り沢山だな…!な感じなんですが、12月に入り、突然裕介に実家に帰ってくれといわれるおりっちゃん。
おりっちゃんからするとホント突然なこと…ですが、まぁプレイヤー目線では彼が何故そんなことを言い出すのかは分かる訳で。(1周目だったら分からないかもだけども…wでも仕事関係のことだとゆうのは分かりますが。)
結果実家に帰るおりっちゃんなのですが、次郎さん等々のおかげでまた戻ってくることに。そして二・二六へ…。

ぐ…軍服姿かっこえぇ…。

といいますか裕介のお仕事の時の感じ好きだ…。普段のおうちとかでの姿とかも好きですけど。
基本頭のキレる方ですから、幸介への提案だったり、おりっちゃんの実家への提案だったりはさすがだ…てかすげぇ…と感心。
こーゆうのをさらっとやってしまう人、ホントに好みです。


と、元々のキャラ像も好きー!でしたし、イベントも楽しくて楽しくて、大好きだーーー!と、最後に残してて良かった~!!(厳密には隠しがあるから違いますがw)と心躍りながら一気にプレイしてました。
そしてそれだけじゃない!と気づきました。


この√で私、おりっちゃんに対してイライラしてない!!!!


なんか珍しく色なんて変えて、おっきくもしましたが…w

コレ、ホント…、大事なこと…だと…!w
別の人の√でもこのおりっちゃんに対するイライラがもっとなければ…、もっと楽しかったに違いない……?なんて思います…!w


そんな感じの裕介の√。
めちゃめちゃ長くなっちゃったので、削ったり…なんだり…としてたら訳が分からなくなってきました…。
自分で何書いてるか分からない…。←
まぁいいや。(強制思考停止)

てなことで、弥島家でした。
 
関連記事



こんなのも書いてます


2018年を楽しませてくれた子

2018年に購入・プレイし、個人的に大満足で買ってよかった!!と心底思った作品です。
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   

待ち構えてる子

予約している乙女げ作品です。

* Category : 天涯ニ舞ウ、粋ナ花

* Comment : (0)

コメント








管理者にだけ表示を許可する