Entries

Top Page > ゲームの感想。 > 遙かなる時空の中で6 > 遙かなる時空の中で6 片霧秋兵 感想

遙かなる時空の中で6 片霧秋兵 感想

はい。

寒くなったり…暑くなったり…で、相変わらず体調管理がうまく行ってないもぐもぐです。
そんな中、パソコンのOSのアップグレードなんぞをしてみたんですよ。えぇ。前にも書きましたが、私のパソコンは本気で古いので…。今更、Windows7にアップグレードです。うふう…。
なんかブルースクリーンのエラー?だったりでうまく行かなかったり、うまく行ってからもなーんか細々と問題なんかが起きて、そこに体調の悪さも加わり「きぃいいいい!」ってなってる所にですよ。
うちの同居人が、「ごめん、今日ちょっと色々あって、なんかまな板が使えないんだよね。」
とかぬかすんですよ。

色々おかしいだろう。と。
まず、色々何が起きるとゆうのか。まな板に。
そして何が起きたらまな板が使えなくなるんだよ。と。
と思ったんですけどもね、言ったところで恐らく原因は教えてくれないだろう、と…。
「じゃあなんか買ってこようか?むしろ出前でもとる?あ、ピザとか頼むか?(めっちゃ食べたかった。)あ、外食でも行くか?」
とゆったら…。
「は?何諦めてんの?簡単に諦めんなよ!気合いがたらないんだよ、お前は。」
みたいなことゆわれまして。
や…、まず…。
まな板がない原因を作ったのは誰だよ、と。
まな板がない事にどう気合いが関係してくるのか、と。
まじで諦めさせてくれよ、と本気で思いましたが…、ゆった所でどうにもならなそうなので、(力関係は歴然としてます故…)
作りましたけどね…。
なんか洗い物増やしたくなかったので、お肉はいってたトレー?をひっくり返してお野菜をざくざく…。みじん切り…?なにそれ、気分でてっきとーに切りましたヨ…。文句は言わせない…。黙って食え……。

本気でまな板に何をしたんだろう。
翌日には普通に返って来てましたけどね。

まぁ…そんなどうでもいい話をしましたが、遙かの感想を綴ります…!
秋兵です。(いつもはあきべぇと書いてますが、流石に本人の√では自重しまして、ちゃんと表記します。)
ネタバレございます故、ご注意ください。


icon_wu_04.jpg


片霧秋兵:CV岡本信彦


うーん。
ほんとにね、早めにやるべきだったよなー、と思いました。
お話がやはり秋兵父との話…な訳で。もうかれこれ7人目ですよ。大筋どころか、父がどんな人かももう知ってるわけですしね。うーん。だけど、鬼側が好きだったんだよぉーーーーー!我慢できなかったんだよぉおお…。(そしてこの位置まで放置された秋兵…ゴメンナサイ。)

私の中での秋兵のイメージは、口笛とモノマネです。有馬のモノマネなんかをしれっと挟んできます。
あ、あと常にニコニコしながらあまーーーーーーーい言葉を囁くお方です。
…なんですが、あまり萌えた、とゆうわけではないのです…。うーんw
地朱雀って好きな事が多い?気がするんだけどなぁ…とか思いながらプレイしてました…。


先程も書きましたが、お話の核になっているのが片霧父との確執。
梓と出会い一緒に過ごすことにより、父の悪事を止めよう!と決心するんですね。
父はまぁ道具としか見てないんですよね。秋兵を。
秋兵は秋兵で、ホントのところは寂しく思っていた…と。そんな感じ。
でも所々で書かれている父の回想はなんかちょっと意外でした。えー、お前にもそんな時があったんか…!と…w
母の生前の会話を覚えていて、亡くなった母に花を備えていた、とか。
うんと小さかった頃、花火大会で父に抱き上げてもらったことがあった、とか。
そゆ想い出とゆうのが、ちゃんとあってよかった!と思いました…。

秋兵がダリウス達、「鬼」に対して謝罪したのはホントに素直に感動した。

「怨霊や憑闇…これまで鬼のしわざとされていましたが本当は父が罪を着せただけなのでしょう。
だとすれば僕から謝罪をさせてください。」
「父の行いは言うまでもなく、僕が真実を知らなかったこと、知ろうとしなかったことも罪です。」
「すべてが終わった暁には真実を明らかにし、誤解を解くことを約束します。」

いいこと言った!!!!って思ってたら、
「……息子の方は意外とまともな人間ですね」
ルードくん…!!!wwwwwww
笑ってしまったw


最後の戦いの後に黒龍にもう帰る時間だ、と言われて。
え、現代エンドなんだ?と思ってビックリしました。↑のように「鬼達」に対して謝罪したし、時間かかっても鬼たちとの共生の道をどれほど時間がかかっても探したいってゆってたのに…と。
と私がそんな風にぐーるぐる考えてる間、秋兵が梓をちゃんと元の世界に返そうとお別れをゆうんですね。
…笑顔で…。

「大好きでしたよ。梓くん。僕はもう大丈夫です。」
「僕は、一生分の恋をしました。」

やめてぇえええ…。
そのセリフはあかん。
歯の浮くようなあっまいセリフより、よっぽどくる。

梓一人で戻ったけども、秋兵の元に戻ると決めて、おばあちゃんにお別れを告げて、黒龍にお願いをして帝都に…。

エピローグはいったら、いきなり
「私の夫・秋兵は」
とゆう記述。
おい!w結婚してたんかい!とw
ビックリダヨー!
ひたすらいちゃついてましたね。幸せそうで何よりですw

そんな帝都エンド。
うーんw
やっぱりなんだろうなぁ…。この位置まで引っ張りすぎたのがあれだったのかなぁ。
とゆうか、秋兵とゆうキャラが私はあまりはまらなかったのかなぁ…。うーん。
最後の戦いの後に、秋兵と片霧父とのやり取りはよかった…。
花火の時のやつに絡めてある感じがね。
なんだけども、うーんw

今ひとつ自分が盛り上がれなかった√ではありました…。ハイ。
関連記事

コメント

  1. 名前:ひと :2016/11/19(土) 00:23:56 ID:- 編集
    もぐさん!

    同居人さんって、例の楽譜の人よね??
    楽譜の人ってなんかおかしいけども!!笑
    前聞いた時と変わらぬやり取りでw笑ってしまったわ!笑
    まな板!!!そして諦めんなよ笑
    さすがよ!!
    生でそのやりとりを見たいものよ…!

    遙か6なんか懐かしいなぁ!ドラクエしながら語ったよねー笑
    あきべぇごめん!って言ってたよね…当時w
    ロンドでる前に私も振り返っとこうっと。
    そうそう!
    うちは、旦那にもvita買わせたので、もうこのvitaは私の物になったのよ!
    発売日からゲームが出来る喜びよ!
    うふふ。

  2. 名前:もぐもぐ :2016/11/19(土) 21:49:25 ID:- 編集
    ひとたん!

    そうそうw同居人は楽譜の人ですww
    もうさー、諦めさせてくんないならせめてまな板買ってこいよー!って話よね!
    それか自分で作ってよね!って話よ!w
    まぁ…、結局作る私も私なんですけどもね…!w

    話した話した!!!w
    フレチャしてたよねw
    二人で鬼が!鬼がッ!!とか言いまくってたよねw
    振り返り、大事よね…w今回振り返ったら、結構忘れた所とか多かったよ…。
    気づけば1ヶ月だものね…!発売まで…!
    ハヤイハヤイ。
    Vita、やったねーーー!!!
    どうしても、コルダ4の時のチャット思い出しちゃうw
    うふうw
    これで、ゲームに浸りまくりだね!!w

コメントの投稿

コメント
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

もぐもぐ

Author:もぐもぐ
ゲーム・漫画・スポーツ観戦・人狼…などが好き。
好きなものには、ごんごん一直線。

今日も何かのゲームをやっていること間違いなし。。



当ブログで使用するバナー、
画像等の著作権は全て
各会社様に帰属致します。

☆現在プレイ中☆

・ハイリゲンシュタットの歌
  

最新記事

カテゴリ

openclose

最近、読まれている記事

FC2拍手ランキング

Twitter

訳の分からない事なんかも呟くと思います。 いや…、違うな。訳のわからない事しか呟いてません。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップボタン