Entries

Top Page > ゲームの感想。 > 下天の華 with夢灯り 愛蔵版 > 下天の華 with夢灯り 愛蔵版 感想 織田信行&徳川家康編

下天の華 with夢灯り 愛蔵版 感想 織田信行&徳川家康編

はい。

今日も下天の感想をちまちまとつづってみたいと思います。
ネタバレばかりだと思います。




chara_nobuyuki_tab.jpg


織田信行:CV岡本寛志


罪の華エンドの感想です。


もう、みごとなまでの闇堕ちですよね。
でもとてもとても納得。
蘭丸とはまた全然違う形で、でもほんと「罪の華」とゆう言葉がただただ納得が出来る。
2人共にある弱さがこうゆう形になったんだな…と。

恋愛エンドの方のエピソードと対になってるとゆうか、絡めてあるとゆうのか。
もうさすがとゆうか。


罪の華は官能的?とゆうか淫靡?とゆうかそんなものが全体的にあって。ほんとうまーく表現されているんですよね…。衣擦れ音だったり、言葉だったり、音楽の使い方だったり…。そんな感じで表現される色香とゆうか…w

もちょっとやってたらCEROがCになっていたのでは…?とは思ったw

信行の√はそゆのが色濃く描かれていたと思います。
(上位3人に絶対入ってると思う)


蘭丸と違って牢に入ることなく、火を放った後ゲジメの主のもとへ寝返っていて。信長を追い詰めているものの、やっぱりぎりぎりの所にいる2人で。道行く先に光がさしている訳でもないし…。2人はもうすがれるのが互いの身体で…。

このスチルもまた…美しいなぁ

そしてそして一番最後の風の音が……切ない。
やっぱり終了後放心です…。




chara_ieyasu_tab.jpg


徳川家康:CV小野賢章


途中まではほんと蘭丸と同じ感じなのかと思ってました。
まぁ、家康の態度はホントいつも通りの感じなので、そゆ点では蘭丸とは全く違うんですけれども。そして渡される毒。

「人を助ける薬草から人を傷つける毒は、決して作りません」

ってほたるちゃんが回想してる通り、私もびっくりして…。
え、蘭丸の時にほたるちゃんはじめて?死んじゃった…?と慌てた私はまた、どきどきどきどきしっぱなしで…。



結局ほたるちゃんを「消した」訳なんですけど。
この毒はなんだったんだろう。

三河で穏やかに過ごしている家康とほたるちゃん。いや……、桔梗。
はじめから記憶を消す毒、と知っていて使ったのか。
それとも、普通に楽にしてあげようと毒を使ったが、命は助かり記憶がたまたま消えたのか…。



ふとしたことで記憶がよみがえりかける。
思い出さないよう、目隠しするスチルが切なすぎる。


でも気になったのは…手に握られてる「印籠」…で…。


ってことであくまで私のうけとり方なんですが…。
はじめから記憶を消す毒、とゆうか薬とゆうか…として使ったのでは、と…。一緒にただ記憶が戻らないように過ごして…、もし戻ったらまた消すのでは……と。家康がゆっていた信長様の天下を脅かす存在ってのもあるから「忍びとしてのほたる」を消して、同時にほたるちゃんから罪の意識も消したの…?と……。


あくまで私のうけとり方なので、(とゆうかあらゆるうけとり方が出来ると思うので…)正解なんてものは分からないんですけど、家康は…、ずっと一人でこれからも苦しむんだ…と思うと、ただただ切なくて。やっぱり放心です。

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

もぐもぐ

Author:もぐもぐ
ゲーム・漫画・スポーツ観戦・人狼…などが好き。
好きなものには、ごんごん一直線。

今日も何かのゲームをやっていること間違いなし。。



当ブログで使用するバナー、
画像等の著作権は全て
各会社様に帰属致します。

☆現在プレイ中☆

・ドラゴンクエスト11
 

最新記事

カテゴリ

openclose

最近、読まれている記事

FC2拍手ランキング

Twitter

訳の分からない事なんかも呟くと思います。 いや…、違うな。訳のわからない事しか呟いてません。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップボタン