Entries

Top Page > ゲームの感想。 > 剣が君 > 剣が君 鈴懸 感想

剣が君 鈴懸 感想

はい。

個人的に、ブログのカスタマイズが好きなんですね。
とはいえ…、HTMLやCSSの知識なんてものはさらさらなく。
見える所や見えない所の不具合が起こる度にひったすらぐぐりまくって、調整してるんですけどもね。この分かんないながらも、ぐぐって挑戦してるのが…、楽しくて…、ですねw
まー、上手く行かなくて「きぃいいいい!」ってなってることが多いんですけどもw
そして、そのぐぐった先のページに置いてあるブログパーツだとかが、いいなー!って思って、取り入れよう!→どーすればいいん…。→ぐぐる→挑戦→不具合が起こる→どーすればいいん…。→ぐぐる→このパーツいいな…。→不具合修正完了→パーツ取り入れ作業→ぐぐる→……………。
のリピートなんですよね。
もう、ぐぐった先のお世話になったページ、お世話になるかもしれない!と思ったページ、等々…。片っ端からブックマークしてましたら…、元々あったブックマーク数をはるかに超える数のブックマークが…。4倍近いかもだなぁ…。

まぁ…、今もちょっとやっかいな不具合が起こってまして…。そっちの修復に手を焼いておる所でございます…。
なおれよー…、とっととーーーー!
こんな事をずっとやってるせいか…、感想を書きたい……と思いつつ不具合調整に時間をとられ…、そのまま書けないみたいな日が続いております。今月はホント亀だなぁ…、と思っております。うふう……。


そんな感じで、割といじってる事が多いこのブログ。
うっかり訪れた際に、裏で色々いじっていて「なんじゃこらー!?」みたいな時があるかもしれませぬ。生暖かい目で見てやってくださいね…。うふう…。
ホントこっそりやってればいいんですけどもね…、なかなか…。




はてさて。
剣が君の感想を書いていこうと思いますヨ。
ネタバレありますのでご注意下さいませませ。




kengakimi_vita1_06.jpg




鈴懸:CV逢坂良太


鈴懸。
一言でゆうなれば…、可愛いとゆうこと。
私ですねぇ、乙女ゲームの中の可愛い担当ってあまり得意じゃないんですよねぇww
とは思いつつも、なんか私今鈴懸に癒やされてる!!とか思ってました。
そんな感じではじまった鈴懸√。
彼はどうやら、捨てられていた所を天狗のカルラに拾われて18歳まで育ったようです。
はい。
つまり。
所謂世間知らずな所がちらーっちらーっと見えますww
彼は心優しくまっすぐに育っております。
そんな彼の心優しくまっすぐ故に描かれる世間知らずな描写に若干イラッとしてしまった私が悪いんです!!!w
えぇ。
かねてから何度も書いてきてます。
私の心根は醜いんじゃぁあああ!!!!
ごめんよぉ!鈴懸!!!
だって彼はただ世間知らずとゆうだけな訳で。ただそれだけなんですよね。
穢れがなくまっすぐ優しい。人の気持ちに寄り添えると言いますか、誰かが悩んでいれば一緒に悩み、喜んでいれば自分の事のように喜び、苦しんでいれば自分の事のように苦しむ…。
そんな、天使のような彼に対して一瞬でもイラッとしたとかぬかす私が悪いんです。えぇ…!

話が変わりますが、鈴懸を拾ったとゆう天狗のカルラ。
私ですねぇ。
とてもとても大好きなゲームに新桃太郎伝説とゆうのがありまして。
ちっちゃな時に買ってもらったスーパーファミコンのソフトで、RPGなんですがね。これがもーーーー、大好きで。
音楽はサザンの関口さんが担当しておられて…。もう…ものすごくよくってですね!
サザンが大好きなうちのお父が当時サントラを買ってくれまして。もーーーーずーーーっと聞いてるくらい神曲揃いでですね!
(このCD今すごい値段がついてますので……、ホントにありがとう…!と常日頃思ってますお父様…!)
無理だ…!と分かりつつも今でも移植を願っているんですけどもね…。VCとかでね…。リメイクなんて…望まない…!移植でいいんですヨ…。
話がそれましたね…!w
そのゲームにですね…、カルラってのがいるんですヨ。
もーーーー、コイツがですね。RPGの中で嫌なやつってランキングをとれば3位以内に入るんじゃなかろうか…、って勝手に思ってるんですけどもね。
や…、倒すのはそんなに苦労はしないんです。
第1形態の4回ランダム攻撃が嫌ってだけで…wランダムが3回固まってあたっちゃえば死んじゃいますから…。
裏技的に簡単に倒せる方法もありますし。
ただ、この戦闘曲が好きすぎるので裏技使わずに倒すんですけどもね…!w
ほんっっっとにカルラやなやつなんです!
最初っから最後まで「悪」そのものなんです。

だもんでですね…。
カルラって言葉を見る度に、顔が歪んでしまいましてねw
この剣が君のカルラ悪い事してないのに!って自分でつっこむんですけど…、えへへ…w
私、これからも別の作品とかでも「カルラ」って見る度に、あの新桃の緑のカルラを思い出すんだろうなぁ…wそして顔を歪めるんだろうなぁ…。
てか、新桃やりたいなぁ…!


ながーーーーーーく話そらせてきましたが…、この鈴懸の√では妖怪が関わってきたりします。もう…ハチモク好きだわー…!w
しっかり者のマダラと、どっかぬけてるハチモクのやり取りが和みます。



『荒魂』
御前試合で一番刀になり…、数珠丸を!となるのですが、鈴懸は首を振って、「……僕はまだ、数珠丸を受け取れません。」と。
そんな事で、実彰さんとの試合に。
なんだろー!w
少年漫画ぁあああ!!wwとw
そして実彰さんとの試合に勝利し、家光様の側近に!
や、個人的にですね?
「死」が待ち受けておるのでは?とドキドキしながら進めておったんですがねw
幸せなEDでした。
香夜の元にも毎晩会いに来てくれるそうですし…!
個人的には、毎晩なんて…、うん。無理の無い範囲でいいのよ…!?と思わなくもないのですがw

と、いいますか。
個人的に、家光様の側近になってからのあれやこれやとゆうのを、もっと見たかったかな、と。


後日談
はい。上にもね、書いたんですけどもね。
毎晩なんてホント大丈夫だから!wって思ってるんですヨ。無理せんでえぇって!って思ってるんです!w
ちょっとお役目でこれそうにない→じゃあ香夜がお城にこればいいじゃない。
ええええええw
とw
まぁ、家光様に話した際に「女子を城へ上げるということは、すなわち、余の側室にするということだぞ。」と言われてしまいますがw
うん…。側室いいな…!←
家光様好きです!!!




『奇魂』
荒魂があれ?幸せだぞ…?と思い、こっちなんだな…!?とドキドキしてたんですけどもね…!
ですけども…!

ツライ。

妖怪を説得していた鈴懸でありましたが…、一匹の送り犬がその説得に反抗し…、縁の命により矢が放たれ、鈴懸は送り犬をかばって矢をうけるんですね……。
鈴懸らしい…。
そしてスチル…。
「この子、守れた、よ……。」

あかん、泣く!!

って思ってたんですけどもね。
死んじゃやだ、と香夜に言われ
「僕も、死にたく、ない……。」
とゆうセリフで泣きました…。

後日談
毎日店に出る事が出来なくなってしまっている香夜に、縁が鈴懸の着物を持ってきてくれる訳ですが、それを持って高尾山へ行き…、ひとときの再会…!
こーゆうのに弱い訳ですが…!w
この再会により、香夜が想いを伝えたとゆう事で泣きそうです。香夜ーーー!
もう、マダラの号泣もやばかったです。マダラー……!!





『和魂』
君√がはじまり…、鈴懸の嫉妬心がどどーーーーん!と炸裂!w
独占欲強いんだなぁwwwwと。
長七郎が見つかってしまって、高尾山へ帰ろうぜ!な√。
最終的には香夜も連れて行ってくれる訳ですが、最初は置いていく流れだった訳で…。
連れてこーよー!!!!!
と思っておりました。
でもみんなで幸せなED!とゆう事で、思わずニコニコしてしまう…!wそんな私でございました。

後日談
みんなで高尾山で幸せ!
てか…!香夜……!
や…、常々私は乙女ゲの主人公達が人前でいちゃこらしすぎじゃなかろうか?wwとここで書いてますけどもね。
手くらい…w繋ごうよwwww
そこで恥ずかしいとか言われるのがなんか新鮮だったよ!!香夜www

そんな平和な中、長七郎を探しておる徳川のお侍さん達が!
色々作戦をたて、失敗したりもしながらも、妖怪やカルラと共に協力して追い返します。
皆が見ててもいい!と最後は手を繋いだ香夜にちょっとほっこりw






『幸魂』
お互いを看病する所とかなんかよかったです。
そして、いちゃこいてるシーンを実はマダラとハチモクに見られてて、
「いつから、そこに……。」
「ずっと、だね。」
「……まぁ、うん。鈴懸も男になったもんだね。」
なんてやり取りはマダラとハチモクが可愛かったなぁ!とw

ただ、ここでマダラとハチモクは高尾山に帰るんだ、と。
内緒でお別れになってしまったことが、寂しかったです。
金輪際会えないわけじゃない。そうマダラ達はゆうけれども、なんだろうなぁ。
こー、内緒で出ていってしまうとゆう事実が切なかったなぁ…、と。
他の√で同じようなシーンでは、鈴懸は追いついて馬鹿にしないでよ!と、別れを惜しむことは出来ていた訳じゃないですか…。だからでしょうか…。よけ寂しいなぁ…と。
2人は江戸に残り、医者として生活をしていく。
2人が幸せそうな姿はやっぱり嬉しいものがありますね。
とゆうか、最期のスチルが…!素敵すぎだろう!!!!と!

後日談
和では手を繋ぐ事で恥ずかしがっておった香夜ですが、こちらでは診察に来ていた子供に「せんせいのお嫁さん!」といわれて思わずどもって顔を真っ赤にてれってれな香夜ww
うん平和だww
と思っておったら、なんか不穏な感じに。
流行病だそうで…。
そして香夜まで……。
鈴懸は薬草を崖とかまで行ってとりにいき、薬をつくり。
その効くかどうか分からない物を飲んで無事回復した香夜。良かったですねぇ…!
こーゆうのを見ておりますと、ほんとつくづく今いるこの時代とゆうのは恵まれたものなのだな…。と思いますね…。
その恵まれたものを研究に研究を重ねてつくって下さった方々に感謝の気持ちを忘れずにいたいと思います。





ホント、純粋ないい子。
私の心根が腐ってたばっかりに…。失礼な事も考えちゃってごめんね!
一番好きなEDは……、和…か幸か……w
うーん。
選びきれないのはどっちも思う所があったからでw
どっちものいいとこ取りしたのが好きです!←



そんな鈴懸とゆう癒され√。


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

もぐもぐ

Author:もぐもぐ
ゲーム・漫画・スポーツ観戦・人狼…などが好き。
好きなものには、ごんごん一直線。

今日も何かのゲームをやっていること間違いなし。。



当ブログで使用するバナー、
画像等の著作権は全て
各会社様に帰属致します。

☆現在プレイ中☆

・新装版魔法使いとご主人様
・アンジェリークデュエット
・アラビアンズ・ロスト

★しばらくは遊び続けます★

・遙かなる時空の中で3 Ultimate
   

最新記事

カテゴリ

openclose

最近、読まれている記事

FC2拍手ランキング

Twitter

訳の分からない事なんかも呟くと思います。 いや…、違うな。訳のわからない事しか呟いてません。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップボタン