Entries

Top Page > 下天の華 with夢灯り 愛蔵版


下天の華 with夢灯り 愛蔵版 トロコン後 感想

はい。

そういえば、10月1日2日に、信長まつりがありましたね。
もぐもぐは岐阜民でして。おとなりの市に住んでおるのですが、信長まつりはちっちゃいころに行った事があるくらいで。職場でラジオが流れておって、毎年岐阜県民のかたのメッセージをDJが読み上げて「あー、もう今年も信長まつりかー。」くらいにおもってたんですがね…。
今年は下天がポスターになってるんですよね!
1日は土曜日としてはめずらしくお仕事が休みになったのですが、アルティメット人狼があったので、ニコ生にくっついていて。2日に幼なじみの子を誘い行ってきました。彼女の旦那と子供と。
お祭りに行くのは相当久しぶりで、なーんかめちゃめちゃはしゃいでしまいました…w
パンフレットもらって、ポスター写真撮ってきたりもしました。

はしゃぎすぎて、筋肉痛になった私は…いったいなんなんでしょうね…。
うふう…。


さてさて。下天のトロコン後の感想になります。
シークレットイベントとかの感想も含みますので、ネタバレ臭ぷんぷんかと思われます。


tw_icon_16.jpg


私の今回の愛蔵版は、攻略順ははじめの方に書いた通りなんですが、無印をトロフィーコンプしてから夢灯りに…とゆう形でプレイしました。まぁ…購入した後トロフィーの情報調べて、やっぱりね☆知ってた!とは思いましたw
やっぱりあるよね!用語辞典wホントネオロマの用語辞典よ…w

とはいえ、この下天の用語辞典は、コルダと比べて楽だろうと思ったので…wそこまで悲観することなく、それぞれの√プレイ中にひたすらQセーブロード駆使しつつ交流をしまくりました。そのせいもあってか、回想録での選択肢全部選択中にそのままトロフィーとれました。ラッキーw

そんなこんなで、夢灯りに移るわけですが。こちらも用語辞典のことを考えつつ、交流しまくっていたおかげで、選択肢全選択後に残り3つ…。家康の交流の「文化的な趣味 茶に…」で得られる3つでした。これ、とあるイベントを過ぎないと?「文化的な趣味」の選択肢しか出なかったらしく…?やられたー!と思いましたw


そして、無印と夢灯りの回想録コンプのトロフィー獲得で、シークレットイベントが開放されるんですよね!
もうね…これね…
公式のページだったり、プロモだったりで気になってた!んですよ!!

もう、最初からなんかおかしくてw
架空の物語でありますよ、とゆう注意が出たと思ったら、
ほたるちゃんのモノローグがまずおかしいw
そして選択肢!!wwww(選択肢はもともと面白いのが多いけれど、ここの選択肢はまた特におかしいw)
まだこのイベントの「主役」達がでてきてないのに既に笑いが止まらないw

もうなんだろうw
これやったの夜中だったんですけどね。
笑いすぎて壁ドンされましたよ…。
ホントすいません。
ここに謝罪を…!


そして主役達の登場…。
これ、中身が入れ替わってるんですよね。
もう…色々しゃべってる内容もおっかしいんですが、ほたるちゃんの反応がおっかしいwwww
中身が蘭丸であろう人に出会った時の「黒髪の貴公子では」だとかw

中身が家康の「小鳥さん」ミスマッチだとか、中身が信行の自己評価だったり、信行の師匠に対する印象?見分けるポイント?だったりw
さらに、信行の風に対するイベントだったり、疑念マークの描写だったりwwwww
さらにさらに、外見秀吉が出てきた時www
音楽といい、まさか!とゆう人選だったりw
あともう、信長は信長で!w誰であろうと信長なんだとwカッコよかったw

もうほんと、笑わせていただきました。

おなか痛くて大変でしたw

ほんと、こんなに楽しいイベントを作ってくれたKOEIの皆様、こんな素敵に演じきってくれた声優様に、万歳!


やーーー、ほんと、楽しかったです。下天!
ほんと夢中でプレイしました!


そんなこんなで、無事トロコンです。
ほんとやっぱりネオロマのトロフィーは乙女ゲーよね?wと思わず言いたくなるような感じですよねw
いや…ほめ言葉ですw
私は意地になるタイプとゆうか負けず嫌いなタイプで…。やったゲームのトロフィーはコンプしたくてたまらない性分&やりこみ系が好きなので…w

とはいえ…。ネオロマでは遙か6、コルダ4、下天とトロフィーに挑みましたが、下天が一番楽だった気がします。遙かはほんと「幽玄」が出なかった印象があって…コルダはほんと攻略サイトをもっと早めに見るべきだったと…w
アンジェはPSストアで買ったんですけど、PSP版を買っていて…w
「あれ?何か絵ぎざってない?PSPみたいな……ってPSP版やん!!!」と。
とはいいましても、私アンジェに関しましては、いちお全員は攻略しましたが、イベントは全部見きれていないので…えぇ。挫折です。ちょっと私あわなかった………んですヨ。
や、楽しんでたんですよ?wですけど、細かな所までやりきる前に満足しちゃってw
なので、Vita版買ってたらトロフィーが大変だった気しかしないです。ハイ。


これから、遙か6のFDと遙か3が発売されますが……。遙か3…すっごく楽しみな反面、トロフィーを思うと若干怖いもぐもぐですw絶対3は鬼畜だよね…?w

下天の華 with夢灯り 愛蔵版 感想 織田信長&百地尚光編

はい。

昨夜、なにやら身体がだるいなーと思って、部屋の電気を消してごろごろごろごろしていたら21時ごろに寝たらしく、朝起きたら9時でしたよっと。12時間寝ちゃったよ…!身体がなーんか痛いなと思いながら仕事してきました…w
普段の睡眠時間を平均させると、だいたい2、3時間…?なんですが、12時間っていきなりぶっ飛びすぎだろう…と。


さてさて。
今日も今日とて下天の感想をぽちぽちと。
ネタバレありますので、ご注意くださいませませ。



chara_nobunaga_tab.jpg


織田信長:CV松風雅也


まぁーー、やっぱりカッコいいですね…。
信長様…。

今までの罪の華EDとまったく違う感じです。
特に、兄様の次にやったからなおさらそう思うのでしょうかw……兄様のEDはほんとにえぐられ…きつかったので……w
でも、カッコいい信長らしい罪の華かと。


信長がほたるちゃんを牢から逃がしてから数年後。まーーー、すっかり闇に堕ちてるほたるちゃんが素敵w
信長としては、「新たな夢」が芽生えることもと思って逃がしたのだけど、ほたるちゃんは信長しかみてなくて。信長の命を狙う刺客として、逢瀬を重ねている。
やっぱり兄様の死んだ目のほたるちゃんスチルを見た後だからなのか、この比較が面白いwてか…このスチルいいなーーーーー!カッコいい。信長もほたるちゃんもカッコいい…!体勢も素敵w

うん。楽しそうw
好きだよ、うん。こーゆうの!w
まぁ、「信長様」とゆうキャラ故、罪の華はこれしかなかったと思います。「罪の華」として思うと、…若干?物足らなさもあるのかもしれないけれど。(他の罪の華がすごいので…w)

でもやっぱり、信長…カッコいい………!!!
(そいった意味で放心) ←結局いつも放心。




chara_momoji_tab.jpg


百地尚光:CV檜山修之


さて。師匠。
正直、師匠に罪の華があると思ってなかったもぐもぐです…w
エンドクリアした時にトロフィー出なくて、え!って思って慌てました。師匠も罪の華あるん!!とw

だって…だって…師匠には……人物情報ないじゃないですか…。
疑念…どうするん…とw

まぁ信行を利用して入らせていただきました。


こちらもまーーーーー、かっこよかった。
師匠カッコいい…。


ほたるちゃんを脱獄させる事を決意したので、信行から解雇の許可をもらい、逃亡生活に入るんだけど…。何年逃げてるんだろうか…。見るからに割とガチな逃亡で…。でもこのスチルもやっぱり素敵ーーー!師匠の後ろで師匠にしがみつきながらのほたるちゃんがかわいすぎる。


師匠に申し訳ない気持ちでいっぱいで悔やみ続けるほたるちゃんと、そんなほたるちゃんを守るために走り続ける師匠。

「俺はお前を守るだけだ」
「お前の命は誰にくれてもやらない
織田にも、里にも…天にもだ」


カッコよすぎでしょう。


うん、海超えちゃおう。幸せになろう。

下天の華 with夢灯り 愛蔵版 感想 羽柴秀吉&明智光秀編

はい。

最近、日中(仕事の休憩中や仕事後などに)積みゲの消化にはげんでおるんですが…。ブログの記事の内容は最新の物から離れたものが多い…w今書いてる下天はまぁ…まだ発売から1ヶ月半…?くらいではありますがwやっぱり今更感の多い物を書いてますもぐもぐです!下天書いた後に書こうとしてるもののラインナップも、今更感満載だな!と。

まぁそんなこんなでわが道を突っ走ってます、もぐもぐです。


さて。
下天の感想です。
ネタバレありますよ、っと。




chara_hideyoshi_tab.jpg


羽柴秀吉:CV森久保祥太郎


罪の華も4人目、とゆうこともあり、そろそろ慣れてきたし…!!と、どうゆうものか分かってきたし…!!!とゆう思いをぶん殴ってくれた秀吉の罪の華…。(まぁ、↑このように強がって?いても、どの√もそれぞれ放心しまくってるので実際は全然慣れてない…w)


炎が燃え盛ってるシーンで、風向きが変わって…秀吉の反応や、画面が暗転して、武者の「これはいかん!」から続くセリフで、もうホント既に嫌な予感しかしないわけなんですけど………。

牢から出て秀吉の屋敷に行った時の佐吉が…。ほんともう辛かった。そして嫌な予感がどんどん膨れていって。

真っ暗な部屋。
そして秀吉の反応。

立ち尽くしてても仕方ないから、こっちにおいで、と。
オレからはそっちへは行かない、と。

やっぱり明らかに…おかしくて……。

ほたるちゃんの様子を探る時に、必ず触れる音がする……。



もうスチルで号泣です。


とゆうか、他の人でもそうですけど、ほんとスチルのみせ方すごいですよね…。
もうまず、ここまでの感じと、スチルのほたるちゃんの涙で大体想像はついてるんですけど、でも……!

カメラがひいて全体を見たときの、秀吉の顔を見たときのショックが…。


秀吉は、ほたるちゃんの放った火で光を失っていて…。
完全に恋愛エンドの真逆…ですよね…。まさか、秀吉から光が…失われるなんて…。

秀吉から光を奪ってしまった、とゆうほたるちゃんの罪悪感。秀吉は秀吉で、ほたるちゃんを救うことが出来なかった。そしてほたるちゃんの罪悪感につけこみ、囲っているとゆう罪悪感。信長のゆう、ただ寛大なだけじゃない、とゆうことなんでしょうね…。

ほたるちゃんはもう完全に秀吉に依存しまくっていて…。
秀吉はそれを分かっているから、自分の目にすこーしずつ光が戻ってきてるのもほたるちゃんには、まだ告げない。自分がそうなるように仕向けてしまったから、ほたるちゃんが生きていくために必要な「役割」を考えてから…と。
役割ってなんでしょうね……。身体の関係を持つことなんでしょうかね…?でもなんとなくこれからも囲い続けるんだろうなぁ…と。飼い殺しにしてるとは思っていても離す気なんて無くて…。

やっぱりほたるちゃんの中には「罪悪感」がまずあって、秀吉への想いってゆうのが…折れちゃってると思うので、気持ちを、心を通わすってことは難しいのかもしれないけど…、それでも……!願わずにはいれない…。いつかは…と。





chara_mitsuhide_tab.jpg


明智光秀:CV野島健児


やーーーーーーーーーー……

正直ほんと………、つらかった…しんどかった……えぐられた………。


事前にすこし公開もされていましたし……、予想はしていたつもりだったんですよ…。


やーーーーーーーーーーーーー………
予想なんて甘いものでした…。
ほんと……心えぐられたもぐもぐでございます。



兄様…正直…、最萌にてございます。



「裏切るためにはまずそこに信頼がないといけない」
「…わかるだろう?君は私を裏切れない」
「そもそも、私は君のことを信じてなどいないのだから」



もう、どうしましょう……。
まだ罪の華エンドの序盤だとゆうのに、既にもぐもぐのHPは限りなく0に近づいてるんですよ…。
無抵抗なのにどんどん殴られてる感じ…。
ここで、回想シーン流れてるんですけど、もう…もう…、ボタン押す指に力が入らなくなる様…。


そして、ただただ「道具」として、「駒」として、「使われる」ほたるちゃん…。


そしてあのスチル。

信行のところでも書きましたけど…、CEROがCになるよ………!


ほたるちゃんの目が死んでるのがただただつらい。

「信じてなどいないのだから」と兄様はゆっていたけれど…。
信じていたからこそ……、こうして「道具」として「駒」として…。おそらくこれからもずっと。


恋愛エンドのスチルと対になってるようなのに、心がないとこんなにも違うものになるのか、と…。
そして「私の小鳥」とゆうセリフがこんなにつらいと思うなんて、思わなかった…。

下天の華 with夢灯り 愛蔵版 感想 織田信行&徳川家康編

はい。

今日も下天の感想をちまちまとつづってみたいと思います。
ネタバレばかりだと思います。




chara_nobuyuki_tab.jpg


織田信行:CV岡本寛志


罪の華エンドの感想です。


もう、みごとなまでの闇堕ちですよね。
でもとてもとても納得。
蘭丸とはまた全然違う形で、でもほんと「罪の華」とゆう言葉がただただ納得が出来る。
2人共にある弱さがこうゆう形になったんだな…と。

恋愛エンドの方のエピソードと対になってるとゆうか、絡めてあるとゆうのか。
もうさすがとゆうか。


罪の華は官能的?とゆうか淫靡?とゆうかそんなものが全体的にあって。ほんとうまーく表現されているんですよね…。衣擦れ音だったり、言葉だったり、音楽の使い方だったり…。そんな感じで表現される色香とゆうか…w

もちょっとやってたらCEROがCになっていたのでは…?とは思ったw

信行の√はそゆのが色濃く描かれていたと思います。
(上位3人に絶対入ってると思う)


蘭丸と違って牢に入ることなく、火を放った後ゲジメの主のもとへ寝返っていて。信長を追い詰めているものの、やっぱりぎりぎりの所にいる2人で。道行く先に光がさしている訳でもないし…。2人はもうすがれるのが互いの身体で…。

このスチルもまた…美しいなぁ

そしてそして一番最後の風の音が……切ない。
やっぱり終了後放心です…。




chara_ieyasu_tab.jpg


徳川家康:CV小野賢章


途中まではほんと蘭丸と同じ感じなのかと思ってました。
まぁ、家康の態度はホントいつも通りの感じなので、そゆ点では蘭丸とは全く違うんですけれども。そして渡される毒。

「人を助ける薬草から人を傷つける毒は、決して作りません」

ってほたるちゃんが回想してる通り、私もびっくりして…。
え、蘭丸の時にほたるちゃんはじめて?死んじゃった…?と慌てた私はまた、どきどきどきどきしっぱなしで…。



結局ほたるちゃんを「消した」訳なんですけど。
この毒はなんだったんだろう。

三河で穏やかに過ごしている家康とほたるちゃん。いや……、桔梗。
はじめから記憶を消す毒、と知っていて使ったのか。
それとも、普通に楽にしてあげようと毒を使ったが、命は助かり記憶がたまたま消えたのか…。



ふとしたことで記憶がよみがえりかける。
思い出さないよう、目隠しするスチルが切なすぎる。


でも気になったのは…手に握られてる「印籠」…で…。


ってことであくまで私のうけとり方なんですが…。
はじめから記憶を消す毒、とゆうか薬とゆうか…として使ったのでは、と…。一緒にただ記憶が戻らないように過ごして…、もし戻ったらまた消すのでは……と。家康がゆっていた信長様の天下を脅かす存在ってのもあるから「忍びとしてのほたる」を消して、同時にほたるちゃんから罪の意識も消したの…?と……。


あくまで私のうけとり方なので、(とゆうかあらゆるうけとり方が出来ると思うので…)正解なんてものは分からないんですけど、家康は…、ずっと一人でこれからも苦しむんだ…と思うと、ただただ切なくて。やっぱり放心です。

下天の華 with夢灯り 愛蔵版 感想 森蘭丸編

はい。
今月は楽しみな人狼放送が多くて、うっきうきなもぐもぐです。
10/1にはアルティメット7があり、16日にはアルティメットのチャンネル放送があり。20日は最大のチャンネル放送!
個人的に、TLPT勢と棋士勢が大好きなのでうっはうはです。
こないだのアルティメットのチャンネル放送の2戦目は最高すぎて、タイムシフトを見まくっている次第です。同窓会人狼!普段敬語の人のタメ口、さらにあだ名呼びが最高すぎました!w
スーさんの思い出したかのような「ゼ」付けだったり、にょろろのにょろろになってからの覚醒っぷりにただただ爆笑。
ほんと…いつも思うけども、アーカイブにして残していただけないかしら…。

そして、20日の最大は…!将棋勢囲碁勢!と思ったら、2人ずつか…なんてちょっぴり残念に思いつつも、でもでも楽しみです。
さらに…!TLPTの「学園」のニコ生放送が個人的にすごく楽しみ!現地にはいけなかった民なので…、画面前からきゃっほいきゃっほいしようと思っています!



さて。


下天 愛蔵版の感想を少々。
ネタバレ、いつものようにあります。です。



chara_ranmaru_tab.jpg


森蘭丸:CV島﨑信長


主に罪の華の感想です。
前回の記事で書きましたが、蘭丸が私の罪の華1番手です。
本当は罪の華をやってから恋愛エンドを見ようとしてたのに…入り方に戸惑い…。疑念を4にあげてるセーブデータ作っていたんですけどね…。
まぁ、1回入り方を知ってしまえば、入り方は同じなので(師匠だけはちょっと違うか。)もう迷うことはなかったですが。



はい…。正直事前に色々調べていて、スチルやプロモなど公開されてるのは見て覚悟はしていたんですがね…。
涙が止まらなかった…。
そして、プレイし終えた後若干の放心。

おそらく?初のほたるちゃんの死ですよね…?下天無印、夢灯り含めて。
今までのバッドエンドって死んだことなかったですよね……?

ほたるちゃんが火を放ち、炎の燃え広がるぱちぱち音がもうただただ…やな雰囲気を醸し出し…。人影に気づき追ってきた蘭丸がほたるちゃんを拘束するのに用いるのが組紐…。
組紐なんですよね…。

「お前のせいだろう!!お前さえいなければ信長様は……っ!!」
「天下泰平の夢は破れたりしなかった!!」
「お前のような人間と共にのうのうと日々を過ごしていた己が呪わしい…!」

もう蘭丸の口調が…。
蘭丸の憎悪に満ちた瞳のカットが出るたびにもう苦しい…。


ほたるちゃんは悪夢を見続け、食事もとれずやつれていくし、蘭丸は今までのほたるちゃんとの幸せだった日々を思い出してて。今のほたるちゃんの現状や、これからほたるちゃんに起こる事を考えれば、思い出なんて絶対に鮮やかなものに決まってるよね…。

だってこれから起こるのは間違いなくただの「生き地獄で」。もう戻ってこない日々はそれはそれは色鮮やかだと思う。



蘭丸の涙のスチル。

そして「姫様。」

音。

からの、罪の華√の音楽。

舞い散る花びらを血としてみせているなんとも美しく哀しいスチル…。




この一連のみせ方にまた放心です…。

音がなった瞬間ほんとびっくりして、
「え」
ってなりました。
まってまってまって。と。

最後までほんとの名をしらなくても、それでも……
優しく、真面目で、純粋な蘭丸だからこそ、のエンドですよね……。


罪を背負った蘭丸がこの後、どう生きていくのか…。
画像集のスチルを選択すると聞けるボイスを聞きながらぼんやり考えてしまいます。



ホント、罪の華の音楽、「痛みに恋うる」と「声なき慟哭」好きです…。
あと、「散華」。
大好きです。


「散華」は、最近コルダのジルベスターで演奏しまくってたので…
音ゲ部分のボタンが頭から離れなくなるとゆう馬鹿な事も体験しつつ……うっかり□△□×とか押して、回想録振り返ってるのを何回か中断してしまった馬鹿子です…。

Appendix

プロフィール

もぐもぐ

Author:もぐもぐ
ゲーム・漫画・スポーツ観戦・人狼…などが好き。
好きなものには、ごんごん一直線。

今日も何かのゲームをやっていること間違いなし。。



当ブログで使用するバナー、
画像等の著作権は全て
各会社様に帰属致します。

☆現在プレイ中☆

・Dance with Devils
・源氏恋絵巻
・AMNESIA World
  

最新記事

カテゴリ

openclose

最近、読まれている記事

FC2拍手ランキング

Twitter

訳の分からない事なんかも呟くと思います。 いや…、違うな。訳のわからない事しか呟いてません。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップボタン